本文へスキップ

谷川岳の南面、清流のせせらぎと自然豊かな温泉地です。

FaceBook http://www.facebook.com/tanigawaonsen

〒379-1619 群馬県利根郡みなかみ町谷川温泉

天一美術館

   <開館時間> 9:30〜17:00   (入館受付終了16:30)
   <休館日>  無休 (但し、冬期閉館あり) ※冬期閉館、1月6日〜2月末迄
   <入館料>  大人(高校生以上)  1,300円   小人(小・中学生)  1,100円

    

天一美術館

風光明媚な谷川の岩壁の前にたたずむ当館は、奈良国立博物館新館やN.Yのロックフェラー邸の設計で有名な建築家・吉村順三の遺作となった和風の美術館です。
岸田劉生の展示室では「麗子像」をはじめとして、劉生芸術の真髄をじっくりと鑑賞することができます。

岸田劉生 「麗子像」

「麗子像」 油彩 1922年

 岸田劉生(1891〜1929)は近代日本の洋画界で異彩を放った画家として知られています。
 この作品は劉生の娘・麗子が8歳の時の像です。劉生は麗子が生まれるとまもなくスケッチを始め、油彩、水彩、墨彩などで麗子を描き続けました。

 この作品は麗子が正面を向いており、数ある麗子像の中でも大変珍しく貴重な作品です。まっすぐに前方を見据える麗子の眼差しが実に神秘的で、重厚な存在感のある作品に仕上がっています。また、鹿子模様の一つ一つまで細密に描かれ、背景の茶や麗子の黒髪に着物の朱が映えています。写実を追及していた頃の劉生の姿が彷彿としています。 麗子像

また、佐伯祐三、安井曽太郎、熊谷守一やロダン、ルノワール、ピカソといった東西の巨匠の名画から高麗・李朝の陶磁器に至る矢吹コレクションの白眉を展示しています。
「銀座 天一」にゆかりのある陶芸家や画家の作品を展示しており、芸術家たちと「天一」の交流を偲ぶことができます。そして、展示室から中庭へ足を伸ばすと、谷川の山々に囲まれた静かな空間が広がっています。自然の中でゆったりとしたひと時をお過ごしください。

  財団法人 天一美術文化財団 http://tenichi-museum.com/
 〒379−1619  群馬県 利根郡 みなかみ町 谷川
 TEL 0278-20-4111  FAX  0278-20-4113


廣池千九郎谷川記念館

   <開館時間> 7:00〜16:00
   <休館日>  年中無休(積雪時閉館)
   <入館料>  無料

    

廣池千九郎谷川記念館

 この記念館は、千葉県柏市にある麗澤大学の創立者であり、財団法人モラロジー研究所の創立者でもある廣池千九郎が、最晩年に療養しながらすごした場所を記念して、建てられたものです。
 観光のお客様にも、ご自由にご見学いただけます。
記念館には、廣池千九郎の谷川にかける思いだけでなく、谷川温泉の由来や温泉についての説明、そして近隣の観光にも役立つ情報を提供しています。


(財)モラロジー研究所 廣池千九郎谷川記念館 http://www.moralogy.jp/
 〒378−1619 群馬県利根郡みなかみ町谷川557
 TEL 0278−72−2438  FAX 0278−72−3531

楽天亭四季のぎゃらりー

   <営業時間> 8:30〜17:00 
   <定休日>  冬期:火曜日・木曜日
    時間外、また定休日、冬期にご来訪ご希望の方はお電話でお問い合わせくださいませ。

    

初春の一枚 「清瀬を渡る」
   墨彩画 桜の絵  青柳玲子
  河童人形    きたかおる


 

楽天亭は谷川山麓にある小さなギャラリーです


                    初春の一枚 「清瀬を渡る」


   楽天亭四季のぎゃらりー  http://www.facebook.com/rakutenteishiki
        〒379-1619 群馬県みなかみ町谷川437-1
        TEL 0278−72−5328