組合に入ろう!


 群馬県自治体一般は、県内の自治体及びその関連団体に働く労働者ならどなたでも加入できる労働 組合です。加入は至極簡単です。申込書に記入し組合に提出すればOKです。一人でも入れますし、 自分で組合を作ることなどしなくてもいいのですから悩むことはありません。組合作りを管理者から妨害さ れることもありません。組合に入ったら、要求書を作ってすぐ団体交渉などということもできます。
 給料を下げられた、雇い止めといわれた、時間外手当が払われないなど、問題があったら群馬自治 体一般に相談してください。組合に入って一緒に解決しましょう。
 もちろんあなただけでなく仲間がいればもっといいでしょう。友達も誘って群馬自治体一般に入りましょう。 入会金は不要ですが組合費を原則として毎月納入することになっています。



組合費は、次のとおりです。
1 原則として、月額固定給の1000分の10
2 「非正規職員」である場合、月額15万円以上の方 月1100円、月額15万円未満の方 月500円、月額10万円未満の方 月350円
3 組合費には組織共済掛け金100円が含まれています



  群馬県自治体一般労働組合規約(抜粋)
 前文 この労働組合は、群馬県における日本自治体労働組合総連合の一員として、組合員及びすべて の自治体労働者・関連労働者の利益を守るために奮闘する。
  第1条 この労働組合の名称は、群馬県自治体一般労働組合といい、事務所を群馬県前橋市本町3−9−10群馬県労働組合会議内に置く。
    2 この組合は全労連・日本自治体労働組合総連合(自治労連)と群馬県労働組合会議を上部団体とする。

  第2条 この労働組合は、次の目的で活動する。
     (1)労働条件の改善
     (2)組合員と家族の福利厚生
     (3)教育宣伝・学習
     (4)雇用主及び関係団体等との団体交渉
     (5)地域住民の生活と権利を守り、地方自治の拡充をめざす。
     (6)その他目的達成に必要なこと。

  第3条 この労働組合は、群馬県自治体一般労働組合の組合員で構成する。
    2 この労働組合は、人種・思想・宗教・性別・社会的身分によって加入を妨げ、または、組合員の資格を奪ってはならない。
      政党支持・政治活動の自由を保障する。



困っていませんか? 悩んでいませんか?
 おかしいと思うことはありませんか?



 今、自治体や自治体関連の職場では、嘱託職員や臨時職員に対して、突然の雇い止めの通告や、指定管理者導入時に, 退職して民間業者に移籍するよう強制される。
 一般職員に対しても、突然の降任処分や、不当な配転の押し付け、辞職を迫る。応じないものには嫌がらせが続くなど労働者の人権を踏みにじる行為が、全国のさまざまな自治体で起きています。
 このほかにも、有給休暇を法律通りに与えない。退職金受給資格がある嘱託職員に退職金を支払わないなど様々な問題があります。
 このホームページをご覧のあなたが、もし、困っていることがありましたら、下記にメールを送ってください。県外や自治体関連以外の職場に勤めておられる方でも、お気軽にご相談ください。全国に、一人でも入れる労働組合があります。あなたのお近くの組合をご紹介します。



(ポストをクリックして下さい!)
電話&FAX 027−243−5539

組合への加入もお待ちしています。