2月14日 地元のクリニックで 国保のさわやか検診をうけました。
昨年の6月 ここで ちょっと 左の肺が痛いときがあると レントゲンを撮ってもらったのだ。
6月の画像と比べて 「CTをとったほうがいい」と20日に心臓血管センターで予約をとってもらった。

20日 CT画像を見て 早めにいったほうがよい 紹介状を書きますということになりました。
21日 日赤の呼吸器外来へ 予約なしで行きました。
CT画像を見て ドクターが 手術になると思いますね、25日にペット検査をと。
25日 ペット検査
28日 ペットの検査結果を見て 医師が判断 そして 3月13日入院 14日手術と両者合意

そして

3月21日に 退院いたしました。内視鏡手術で 左肺の3分の2くらいとったらしい

術後病理結果説明を4月1日に受けました。

切除したのは左肺上葉とリンパ節

最終診断
  診断名 原発性肺癌(肺から発生した肺癌)
  組織型 腺癌
  大きさ  2.3×1.9CM
  リンパ節への転移はなし
  病期  ステージ1B(1A 1B 2A 2B 3A 3B 4)
  予想される5年後の生存率  70〜80%
  追加治療として 抗癌剤UFTを 2年間 内服。外来通院にて。
     改善される確率  +5〜10パーセント

4月15日 PM8時より 一日2回の抗癌剤の服用を開始

4月25日 10日間の状態を判断し、薬を続けることに。2016年4月14日まで。

6月13日 経過診断

8月 8日 経過診断

9月 9日 半年 検査(CTも撮影)

9月16日 経過診断 腫瘍マーカー CEA 14.4(ふつうは5) 「12月9日に もう一度
       検査しましょう。それで まだ 数値が高ければ 精密検査してみましょう

12月9日 検査 腫瘍マーカー CEA 6.9  さがったので 次回 2月16日に検査

2月16日 検査(CTも)異常なし 次回は5月12日

5月12日 レントゲンと血液検査  異常なし  次回は 8月4日に CT 11日に 問診