太田市立新田荘歴史資料館ごあいさつ常設展示中世近世近・現代ご利用案内施設案内図交通のご案内歴史公園のご案内

 

太田市立 新田荘歴史資料館
お問い合わせ
住所:〒370-0426
群馬県太田市世良田町3113-9
TEL:0276-52-2215
FAX:0276-52-2208

常設展示

原始・古代

鷹匠埴輪
(市指定重要文化財/太田市教育委員会/太田市・個人蔵)

6世紀末の円墳、オクマン山古墳(脇屋町)から出土した人物埴輪。オクマン山古墳は脇屋正法寺の東250mの位置にあり、大正時代、すでに盗掘されていました。鷹匠埴輪は器台を含めると高さ約147cmの全身立像で、復元修理を行い欠損部分を補完していますが、残存部分約80パーセントと残りの良い埴輪です。頭に鍔のある帽子をかぶり、美豆良を肩まで垂らし、左手には尾に鈴を付けた鷹を留めています。鷹は目、くちばし、翼など細部にわたり写実的に表現されています。鷹匠は腰には大帯をしめ、袴をつけた位の高い盛装の男子像として表現され、鷹狩の風習があったことを知ることができます。

戻る

ページのトップへ