神前結婚式ご案内

        

緑溢れる神域で結婚式の祭儀を、お二人だけの挙式を始め、
御親族の方々やお友達の方もご参列いただき(50名様までのご参列)
厳粛に執り行います。

お二人に鴛鴦の仲睦まじく健康と笑顔あふれる幸せな日々、子孫の末永い繁栄を祈念いたします。

結婚式その日だけの祈りではなく、毎日の「御日供祭」また月毎の「月次祭」で
皆様の弥栄を祈念しております。結婚式を絆として末永く神様にお守りいただけます。

神社はいつでも皆様にお参りいただける聖域です。
初詣やお子さまのお誕生・初宮参り、七五三などの慶事にお参りいただき、喜びの時を、
お子供さまやお孫さんと「私たちの結婚式を挙げた神社」と共有していただけたらと思います。

御社殿は木の香かおる桧造り、御影石の拝殿は履物のままお入りいただけます。
エアコンは聖域の整然さを損なわないように設置しております。

挙式初穂料   (雅楽はCDにて)     60,000円

雅楽奏楽初穂料(竜笛・笙・2管)      30,000円
           (竜笛・笙・篳篥3管)   60,000円 

挙式時間は約30分です。ご参列の方は参集殿に20分前までお越しください。

神前結婚式は古事記、日本書紀のイザナギ命イザナミ命が天の御柱をまわって結ばれた故事にならって、
参進の折り、御柱を擬した御神橋を廻っていただいて、御社殿にお進みいただきます。

結婚式次第

第一鼓
 結婚を祝して、お二人の末永い弥栄を祈念して「祝婚の歌」を奏上
 神前に一拝
 修祓      おはらいします
 祝詞奏上
 誓杯の儀  御神酒にて三・三・九度誓いの杯事
 誓詞のご奉読
   あなにやし えおとめを はイザナギ命が
   あなにやし えおのこを はイザナミ命が
     ともに相手の麗しさを賞賛した言葉ですので心に念じ誓詞以下をお読みください。
 玉串奉奠  ご参列の皆様も併せてご同拝ください。
 指輪の贈呈・交換
 親族盃の儀  ご参列のご親族の皆様で御神酒にて乾杯、お祝いいただきます。
 御神札・御守を進呈  
 宮司挨拶
 ご両家ご親族の方々の紹介
 第二鼓
 神前に一拝
 退下  ご新郎様、ご新婦様より

           

  リハーサルご希望の方は、10日前くらいにお越しください(15分ほど)

※写真撮影について
   ご参拝の方々にご配慮いただき、ご撮影ください。
   
   挙式以外で神社境内にて、営業での婚礼写真撮影の際は、神前に初穂料をお納めください。
   土・日・祝日と 1月 11月の撮影はご遠慮ください。

  その他疑問な点などございましたらお気軽にお問い合わせください。