神職出張神事

地鎮祭

  地鎮祭を始め弥栄の神事、井戸埋めや木を伐採する際の鎮魂の祭儀を行っております。
  お電話でお問い合わせお申し込みください。

 地鎮祭とは?

   地鎮祭(じちんさい)は家の新築に際し、建設地に斎竹をたて、注連縄(しめなわ)を張って、
  俗と聖との結界(境)として、土地を祓い清めて神様(大地主大神、須佐之男大神、産土大神)を
  お招きして祭儀を行い、ご神威を頂いただき、悪しきことを祓い鎮めて、工事の安全と、
  家と住まいする人々に災いなく、家内安全、健康と子孫末永い繁栄を記念する祭祀です。

   神事次第

先ず 修祓(しゅばつ)    祓いの祝詞をあげ、大麻(おおぬさ)にてお祓いいたします。
次に 降神(こうしん)の儀  榊の神籬(ひもろぎ)に神様をお招きします。
次に 献饌(けんせん)    神饌をささげる(御神酒のふたを取る)
次に 祝詞奏上         祈願の祝詞をあげます。
次に 四方(しほう)祓    切麻(きりぬさ)を敷地四方にまいて、祓い清めます。
次に 地鎮(とこしずめ)の儀
☆刈始め(かりぞめ)  施主様にお願いします。
  鎌で盛り土の草を3回刈っていただきます。3回目に草を抜いて脇に置いてください。
☆穿始め(うがちぞめ) 施工者様にお願いします。
  鍬にて盛り土を3回掘ってください。
次に 玉串奉奠(ほうてん)
☆玉串(榊)を手前の台中央に、根元を神前にむけて置いていただき、2拝2拍手1拝
  (2度お辞儀をして、拍手を2度、最後にお辞儀を1度)の作法にて、御拝礼ください。
次に 撤饌(てっせん)    神饌をさげる(御神酒のふたをする)
次に 昇神(しょうしん)の儀
☆直会(なおらい)      祭儀終了後、お神酒にて乾杯してお祝いいたします。

 地鎮祭でご用意いただくもの

  ○斎竹(いみだけ)・・・4本
      建物を建てる敷地の中央に、一間四方に立ててください
  ○盛り砂
      バケツ一つの砂
  ○神饌(しんせん)物(神様へのお供え物です)
      (1)米を1合をお皿に、塩を小皿に1つ
      (2)日本酒を一升
      (3)尾頭付きの魚二尾
      (4)季節の野菜2種類
      (5)季節の果物2種類
      (6)水をコップに一つ

上棟祭

   新築家屋の棟上げの祭儀です

宅神祭

   新しい家と神棚を祓い清めて、神様(御札)をお祭りし家内安全、健康、家運隆盛を祈る祭り

屋敷神様

   敷地内に稲荷神をお祭りして、家内安全と家業繫栄を祈願する祭儀

井戸埋め、樹木伐採等

出張祭儀初穂料

 個人の祭儀   2万円
 会社等の祭儀 3万円より
   ※竹や神饌物を神社にて持参もできます。ご相談ください。

お申し込み
  日時が決まりましたらお早めに電話またはファックスにてご連絡ください。