〒370-0071 群馬県高崎市小八木町310番地1(管水工業 内)
TEL: 027-329-7378 FAX: 027-329-7379 (17:00以降FAX: 027-329-7380)
e-mail: sd-liner@dan.wind.ne.jp



 
 
技術の概要
 ■適用範囲
 
施工適用表
 材料構成(本管)
 
材料構成(取付管)
 
技術の特徴
 




 ■本管(形成工法)
 ■本管(反転工法)
 取付管(反転工法)

 ■本管施工延長
 ■取付管施工箇所数
 ■施工実績(PDF)





 ■会員名簿
 ■協会発行物・見積依頼
 ■お問い合わせ



?パンフレット
?
技術概要書

 

 お知らせ

 2019/04/1
 
2018年度施工実績更新しました。 

 2019/03/16
 建設技術審査証明書(下水道技術) 変更(ガラス強化型新ガイドライン対応)

 2019/03/14
 平成31年度(第22回) 定例総会のお知らせ


 2019/02/15
 会員調査書ダウンロード
 
 2019/02/12
 下水道管路更生管理技士二次試験のご案内

     
 工法について

 ◆工法の概要

  老朽化した下水道管きょを非開削で更生する工法で、取付管、本管単体
  または、取付管と本管を一体的に更生する技術です。
  更生材は、SDライナー(標準型)とSDライナー2(ガラス強化型)があります。
  
 
◆工法の摘要範囲

更 生 材
標準型
ガラス強化型
施工方法
反転・形成
形成
硬化方法
温水・蒸気
管   種
鉄筋コンクリート管・陶管・鋼管・鋳造管
管   径
 取付管
本 管 
本 管 
125〜200
200〜600
200〜800

 ◆工法の特徴

   ・取付管は、本管と取付管の桝までの全体を更生し、曲管、破損、
    浸入水がある既設管渠でも施工可能

   ・本管は、マンホール間の全体を更生し、クラック、破損、浸入水がある
    既設管渠でも施工可能です

  
 ・反転工法では、取付管と本管を一体化更生することが出来、
    接合部更生管は、水密性・止水性を有する。

   ・取付管と本管の更生管単体は、更生材料を選択することにより、
    下水道用硬質塩化ビニル管と同等以上の偏平強度を有する
    自立管を形成出来る

   ・更生管は、耐荷能力および耐久性を充分に保持する構造を有する

   ・耐震性を有する更生管が可能(レベル1、レベル2地震動)

   ・耐薬品性はビニルエステル樹脂を使用することにより充分に有する
  TOP                                               SD−liner