道徳教育改革を志す教師の集い

 道徳のチカラ
  代表メッセージ 機関誌 書籍案内 お薦め道徳授業 メールマガジン
 リアルタイムメッセージ441 

  4連休最終日  今日はお彼岸 秋分の日    

  毎週 月曜日 更新予定
  2020年 9月22日 記
  道徳のチカラ代表 佐藤幸司

 4連休で,各地とも多くの人出があったようです。日常が戻りつつあることをうれし
く感じながらも,感染予防に引き続き気を付けていきたいものです。
 4連休最終日の今日は,お彼岸の中日・秋分の日です。
 彼岸は春と秋、年2回あります。春分の日と秋分の日をそれぞれ中日として,前後3
日間を含めた計7日間が彼岸です。
 前回の「メッセージ」では,敬老の日は「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬
愛し,長寿を祝う」日であることを書きました。では,秋分の日は,どんな日でしょうか。
 子供たちに聞くと,たいていは,「夏と秋の季節の分かれ目」という返答があります。
「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉が表すように,この答えも間違いではありません。
 けれども,「国民の祝日に関する法律」には,次のようにあります。
祖先をうやまい,なくなった人々をしのぶ。
 意外に思われるかもしれませんが,季節のことは一切書かれていないのです。
 理科の学習に関連付ければ,秋分の日は(春分の日も),太陽が真東から昇り,真西に
沈み,昼と夜の長さが同じになる日です。新聞には,翌日の日の出と日の入りの時刻が
掲載されています。昨日(9月21日)の新聞を見ると,山形では「日出5:26 
日入 17:36」と記されています。10分間のズレはありますが,昼と夜の長さがほぼ
12時間ずつになっていることがわかります。
日本に昔から伝わる風習や日本人が大切にしてきた考え方を伝えることは,内容項目
「伝統と文化の尊重,国や郷土を愛する態度」の道徳学習につながります。
 4連休明けの子どもたちに,秋分の日の意味について考えさせてみてください。

実践原稿の募集

 8月1日(土)には,オンラインによる「第10回(通算31回)道徳のチカラ全
国大会」が開催されました。初めての試みでしたが,定員満席の20名の参加者で授
業記録検討会や講座を行いました。終了後は,有志によるオンライン懇親会(飲み会)
を実施。有意義な会となりました。
 今回の授業記録検討会を経て,『とっておきの道徳授業』の編集(小学校18,中学
校15)を始めています。今,全体の構成を編集部と相談(メールのやり取り)しなが
ら固めています。近々,執筆の依頼をお送りします。
 20名限定のオンライン会議でしたので,例年に比べて集まる授業記録も限定され
ました。そのため,オリジナル授業実践記録を引き続き募集いたします。
 授業の内容がわかれば,書式は問いませんが,これから作成する場合は,既刊の
『とっておきの道徳授業』シリーズの2~3頁を参考にして作成してください。
 基本の書式は,
20字×44行 2段組,本文10.5ポイント,主発問・指示 12ポイント
です。

 コロナ禍の今だからこそできること・やるべきことを考えて,希望の2学期にして
いきましょう。


☆ お知らせ ☆

>『とっておきの道徳授業』の新刊(小学校17,中学校14)が発刊されました
 アマゾンで発売が始まっています。

『とっておきの道徳授業 17』 質的転換!令和時代の道徳授業30選 ¥2,200
『中学校編 とっておきの道徳授業 14』 自己の生き方に向き合う35授業実践


         ☆☆☆ 機関紙購読&メルマガ登録のご案内 ☆☆☆
 教育研究団体「道徳のチカラ」では,機関誌購読者を正会員,メルマガ登録者を
準会員と位置付けています。もちろん,これはゆるやかな結びつきで,道徳授業の
活性化に志をもつ方であれば,どなたでも参加できます。
 「道徳のチカラ」の目的は,子供たちの幸せ。 会則は,教師の誇りです。
 窮屈な縛りは,一切ありません。
 機関誌・メルマガともに,このHPから申し込み・登録ができます。
 機関誌は,上部の「機関誌」をクリックして,辻川編集長(長崎県小学校教師)へ
メールで申し込んでください。第5期(No.17~20)4冊で3,500円です。まもなく,
No.18をお届けする予定です。
 メルマガは,同じく「メルマガ」をクリックして,「まぐまぐ」のページから,
メールアドレスを登録してください(月2回発行,無料)。
→ https://www.mag2.com/m/0000053482.html こちらから登録できます。
  メルマガでは,有益な情報をいち早くお伝えしていきます。
  登録を,よろしくお願いします(不要の場合,いつでも解除できます)。



 
 とっておきの道徳授業17

 
 中学校編 とっておきの道徳授業14

  

イベント案内

 


機関誌

 機関誌 最新刊 

 特集 道徳"科"授業を楽しく

 ← クリックすると
    目次が見られます。


 ← 申し込みもこちらから






 


 機関誌
機関誌『道徳のチカラ』