リアルタイムメッセージ 93
それぞれの 3.11
道徳のチカラ代表 佐藤幸司
2012年 3月11日
 ずいぶん前のことだったような気もします。
 でも,昨日のようなことだったような気もします。
 自分なりに,一個人として,「道徳のチカラ」の代表として,何ができるのかを考え,できることはやってきました。
 けれども,どこか,「他人事」として考えている自分はいなかったのかどうか,今日,3月11日を迎えて,改めて自問しています。

 3.11の大震災。
 大切な人を失い,家を流された方々にとっては,大震災の中での美談もむなしく響くのかもしれません。
 道徳授業の「素材」とか「教材」…などと呼ぶには,あまりにも悲しすぎる出来事でした。
 でも,私たち教師にできることは,やはり,授業で3.11を子供たちに伝え,命の大切さを,生きることの尊さを学ばせていくことなのだと思います。

 生かされているこの命に感謝しながら,
 残りの23年度,そして新しく迎える24年度を子供たちと共に進んでいきたいと思います。

 被災された皆様に,あらためて心よりお見舞い申し上げます。