リアルタイムメッセージ 92
さみしいときは,どんなとき?
〜 さみしくなったら,おヘソを見よう 〜

道徳のチカラ代表 佐藤幸司
2012年 2月26日
 2年生(小学校)の3学期,生活科で「自分の成長」について学習します。
 家族との絆を実感させるためにも,生活科の学習と関連付けて実施したい授業があります。
 「さみしくなったら,おヘソを見よう」の授業です。
 http://www.pressnet.or.jp/adarc/adc/2009.html

2009年度 新聞広告クリエーティブコンテスト
入賞作品 テーマ:「絆(きずな)」より

 授業記録は,『とっておきの道徳授業〈9〉道徳授業春夏秋冬35選 (21世紀の学校づくり これからを生きる子どもたちへ) 』101頁に掲載されています。

 この資料には,
「あなたがひとりじゃなかったこと,思い出せたなら,きっと大丈夫。」
 と右下に小さな文字で書かれています。
 先日,この資料を使って授業をしました。
 資料を提示する前に,
「あなたがさびしいのは,どんなときですか?」
と子どもたちに聞きました。
 すると,一人の子が
「卒業式です。」
と答えました。
 理由を聞くと,
「6年生とお別れするのが,寂しいから。」
という言葉が返ってきました。
 今週からは,3月に入ります。
 いよいよ卒業までカウントダウンですね。