〜 リアルタイムメッセージ 67 〜  毎週月曜日更新予定
家庭訪問がチャンス!
2011.5.8記
道徳のチカラ 代表:佐藤幸司
 連休明け,家庭訪問が始まる学校も多いことでしょう。
 家庭訪問は,保護者との信頼関係のきっかけをつくるいい機会です。
 10分〜15分程度の訪問でしょうから,信頼関係を深めるまでは難しいでしょう。
 そのきっかけづくりになれば,よしとします。
 保護者との信頼関係を築くための最大の方策は,子供を認め,ほめることです。
 できれば,教師しか知りえないその子のよさ=親が知らないその子の学校でのよさ,を
 具体的に伝えましょう。もちろん,そのために,教師は子供のよさを見つける目をもたなければなりません。
 これまで学校で問題行動を起こすことが多かった子の親は,
 「今度は,どんな“苦情”を学校から言われるのだろう…。」
と,最初から構えています。
 新学期,新担任(または持ち上がりの担任)が,家庭訪問で開口一番,我が子のよさを
 認めてくれたら,保護者は心の中にあった学校への垣根を取り除くようになります。
 保護者にとっても教師にとっても,実り多い家庭訪問でありたいものです。

↓↓申し込みが連日届いています。座席は100限定です。お早目に申し込みください。↓↓
チカラをひとつに がんばろう日本 東日本大震災 復興支援セミナー  〜 子供たちに笑顔を 〜
主催:東日本大震災復興支援セミナー 実行委員会
後援:NPO日本標準教育研究所
 私たち教師が 今やるべき教育実践について学び合う
   セミナーです
 
日時  6月18日(土) 午後1時〜5時
場所  東京 中野サンプラザ 研修室10
参加費  2000円   定員100名
講師陣
 野口芳宏  「日本人の誇りを」
 深澤 久  「くじけない強さを」
 鈴木健二  「日頃の規範意識を」
 佐藤幸司  「支え合う優しさを」
 宮内主斗  「原発の危険性と正しい理解」
 中学校『とっておきの道徳授業』編著者(または執筆者)
 元吉佑樹   実践発表「今 この授業を」

申し込み先  件名「セミナー申し込み」
事務局  新妻  ran@dj9.so-net.ne.jp 

◎参加費は,全額,復興支援のために寄付をします。
  
今だからこそ,被災地の子供たちのために教師のチカラを結集していきましょう。