〜 リアルタイムメッセージ 47〜
草木塔 ご存知ですか?
2010.9.11記
道徳教育改革集団→道徳のチカラ 代表:佐藤幸司
前回のメッセージに,
「私の勤務校では,一昨日 =9月5日 が運動会でした。」
と書いたところ,
「山形は,もう運動会が終わったのですね。」
という驚き? のメールをいくつかいただきました。
 都道府県によって,行事の持ち方もずいぶん違うようです。
 夏の「道徳教育改革フォーラム・ファイナル」の時,昼食をとりながら,いろいろな県の先生方と話をしました。
 山形は,伝統的に,通知表は保護者がもらいに来ます。3学期だけは,子供に手渡すという方式が「普通」です。
 でも,他県は違うようですね。1学期から,子供に直接手渡すのが「普通」のようです。
 
 さて,草木塔をご存知ですか?
 これは,草や木,つまり植物・自然への感謝の心を表す石碑です。
 最古の草木塔は,山形県米沢市塩地平にある草木供養塔で,1780年(安永九年)に建立されました。このユニークな石碑の由来は,草木の生命を人々の生活に取り入れるために採取したり,伐採したりした草木の霊を慰めようという思想から生まれたものと考えられています。
 草木塔は,全国で160基以上確認されていますが,その9割は山形県に集中しているそうです。
 これは,山形県内だけの「地域教材」にしておくには,もったいない。
 環境問題が大きく取り上げられている今日だからこそ,山形発の道徳教材として全国・全世界に発信していきたいと思います。

 みなさんの地域にも,きっと,子供たちに学ばせたい学習材があることでしょう。
 そうした,地元の価値ある教材を「道徳教育改革集団→道徳のチカラ」の仲間で,全国の教室に広げてきけたらいいなと思います。