〜 リアルタイムメッセージ 46〜
暑いこの時期に この道徳授業を
2010.9.6記
道徳教育改革集団→道徳のチカラ 代表:佐藤幸司
 
日本全国,猛暑が続いています。
みなさん,お元気でしょうか。
私の勤務校では,一昨日が運動会でした。
熱中症対策として,近隣の中学校からテントを借りて,全児童がテント内に椅子を置いてすわれるようにしました。水筒は,スポーツドリンクと冷水(またはお茶等)の両方を持参することを勧めて,水分補給に気を配りました。
最高気温が34度という中でしたが,子供たちは全員が元気に競技をすることができました。

高学年の「心のノート」に「校風」について書かれたページがあります。
運動会には,それぞれの学校の伝統があります。
運動会には,その学校の校風が表れます。
これまでの伝統の上に,新たな歴史を積み重ねていきます。
運動会前に,「心のノート」を開いて,自分たちの学校の校風について考えさせてみるのもいいものです。(特に,6年生)
せっかく配付されている「心のノート」です。(来年度からは,配付なし?)
子供たちのタメになる活用をしていきたいものです。

暑い時期にお薦めなのは,「豆腐小僧」の授業です。
日本人は,暑い夏には,こわ〜い話をして楽しんで?きました。
詳しくは,メッセージのバックナンバー15をお読みください。
→このHPの右側「代表メッセージ15」をクリック。
また,現在発刊中の『とっておき』誌リーズの最新刊「9」は,「道徳授業 春夏秋冬」がテーマです。

第二章 夏  太陽の光をいっぱいにあびて “なりたい自分”を見つけてみよう

この章には,今,この時期にぴったりの授業記録が7本掲載されています。
「暑い,暑い・・・」
と嘆いても涼しくはなりません。
この暑い時期にピッタリの道徳授業を実践していきましょう。