リアルタイムメッセージ358 

  「特別の」の意味   

  毎週 月曜日 更新予定
  2018年10月8日 記
  道徳のチカラ代表 佐藤幸司


 先週,貝塚茂樹先生(武蔵野大学)と御一緒する研修会が
ありました。
 貝塚先生は,ご講演の中で,教科の条件として,次の3つを
話されました。
 (1)検定教科書がある
 (2)教科の免許状がある
 (3)評価が数値で行われる
 道徳科には,(2)免許状はありません。中学校の教員も,道徳科の
教科免許状はもたずに授業を行います。(3)評価については,数値化
は行わず,子供の学びの様子に注目して,肯定的に記述で評価しま
す。入学試験の資料にはしません。
 この3つの条件から,各教科と特別の教科道徳との違いを整理する
とすっきりします。
 もちろん,他にも視点を変えればさまざまな違いがあります。
 学習指導要領では,第2章が各教科,第3章が特別の教科道徳です。
そもそも,位置づけが違います。
 また,「各教科よりも,もっと大切にすべき。だから,特別の教科。」と
いう考えもあります。
 それぞれ先生方は,「特別の」という言葉に込められた意味を考えて,
週1時間の道徳授業を大切に実施してほしいと思います。

☆ 新着 イベント情報
 子どもたちが笑顔になる授業づくりセミナー
  講師:佐藤幸司 土作彰
  【日時】  2018年12月27日(13:00〜17:00)
  【会場】  内海
  101-0061 東京都千代田区神田三崎町3-6-15 東京学院ビル1F
  申し込みは,こくちーずから
   https://kokucheese.com/s/event/index/539993/


○ 道徳のチカラ年末セミナー ~道徳科小中完全スタートに向かって~
 1 申 込 http://kokucheese.com/event/index/531924/
  2 日 時 2018年12月15日土曜日 13:00~17:00
  3 場 所 大宮ソニックシティ802会議室(埼玉県JR大宮駅より徒歩5分)
  4 参加費 3000円(定員40人)
  5 講 師
      澤田浩一(文部科学省初等中等教育局教育課程課 教科調査官)
      佐藤幸司(道徳のチカラ代表・山形県小学校長)
      桃崎剛寿(道徳のチカラ中学代表・熊本県中学校長)
      他 模擬授業登壇者 3名

  ☆最新刊のお知らせ
  佐藤幸司の新著が出ました(明治図書)
  https://www.meijitosho.co.jp/detail/4-18-273629-2
 
  教科書教材の使い方,教材開発と
 授業づくりはもちろん,評価と所見文作成の
 コツまで,必読の内容です。
  ぜひお読みください。
 
 
 
小学校『とっておきの道徳授業15』が発売になりました。
   アマゾン
   ㈱日本標準のHP 
  http://www.nipponhyojun.co.jp/sinkan/index_3.html
 からも購入できます。