リアルタイムメッセージ341 

  対立だけが議論ではない   

  毎週 月曜日 更新予定
  2018年5月6日 記
  道徳のチカラ代表 佐藤幸司

 連休が終わってしまいましたね。子供たちは(教師も?),「明日は
学校だな…」とちょっとがっかりしていることでしょう。連休明け,早く
もとの生活リズムに戻すには,通常の授業を当たり前に実施するのが
一番効果的です。
 とはいえ,休み明けは,ゆったりとした気持ちで授業に臨みたい
ものです。
 道徳科では,「考える道徳・議論する道徳」がキーワードになって
います。
 「議論」というと,ある論点について意見が対立して,討論的な
話し合いがイメージされますが,けっしてそれだけが議論では
ありません。
 例えば,読んだだけで心が温かくなる話があります。
 そんなときは,それぞれの意見・感想を発表させた後,

「友達の意見で,『なるほどな』と思ったことはありませんか。」
「もっと詳しく聞いてみたい意見はないですか。」

という発問をします。
 これは,対立ではなく,共感のための発問です。
 誰かの意見が否定されるのではなく,全員の意見が肯定されます。
 共感させるための発問を道徳授業で効果的に使っていきましょう。

☆ いよいよ2週間後です!
5月12日(土)には,福岡県北九州市で道徳セミナーを開催します。
私・佐藤と桃崎中学代表が伺います。
まだ空席があります。
ぜひお越しください。
●申し込みは こちら
http://www.kokuchpro.com/event/6fce5bf32764108d6f87a5352d6f1ba5/



小学校『とっておきの道徳授業15』が発売になりました。
   アマゾン
   ㈱日本標準のHP 
  http://www.nipponhyojun.co.jp/sinkan/index_3.html
 からも購入できます。