〜 リアルタイムメッセージ 34 〜
     心をそろえる
2010.3.14記
道徳教育改革集団<新>代表:佐藤幸司

 いよいよ卒業式ですね。
 『とっておきの道徳授業4』に,「心がそろう」の授業があります。
 実践・執筆は,毎年,京都でセミナーを企画してくださっている志賀先生です。

 「はきものをそろえると,心がそろう」
という言葉を耳にしたことがあると思います。
 これは,道元禅師の言葉です。

    はきものをそろえると 心もそろう
    心がそろうと はきものもそろう
    ぬぐときにそろえておくと
    はくときに 心がみだれない
    だれかがみだしておいたら
    だまって そろえておいてあげよう
    そうすればきっと
    世界中の人の心もそろうでしょう

 志賀先生は,このメッセージを資料として,1時間の授業を展開しています。

 さて,卒業式練習では,必ず「おじぎ」の指導がなされます。
 おじぎの指導のとき,私は,次のような話をします。
「おじぎをそろえると,心がそろいます。
 心がそろうと,すばらしい卒業式ができます。
 3月○日は,みんなで心をそろえて,最高の卒業式をつくりましょう。」
 なぜ,式では,おじぎをするのか。
 なぜ,おじぎをそろえるべきなのか。
 その意義を,道元禅師の言葉をもとにして,子供たちに教えてみてください。

             ☆ 新刊情報 ☆
 
佐藤幸司の「学級づくり」の本が出ます!

  プロの教師の すごい ほめ方 叱り方  (学陽書房)
                        定価 本体1700円+税
   3月20日発行
     子どもへの効果的な対応がこの1冊でわかる!
      第1章  「叱らない」ほうが関係がうまくいく
      第2章  問題のある子も「叱らない」からうまくいく
      第3章  「叱らない」で秩序を保つ!
      第4章  成功体験でこそ,子どもは育つ!

 もうすぐ,全国の書店に並びます。新年度に向けて,ぜひお読みください。