リアルタイムメッセージ337 

  平成30年度 道徳科元年幕開け   

  毎週 月曜日 更新予定
  2018年4月9日 記
  道徳のチカラ代表 佐藤幸司

 
 年度末~年度初め,異動等もあり,HPの更新が約1か月ぶりとなって
しまいました。
 また今回から,毎週月曜日に更新できるように努めていきます。

 平成30年度,小学校では道徳科元年です。
 今週は,第1回目の道徳授業が予定されていることでしょう。
 昨年度までとの違いは,何といっても教科書が配付されることです。
 私は―私たち「道徳のチカラ」は―,教科書が「主たる教材」であっても,
これまで通り,教師の思いがたっぷり込められた自作教材・教材開発を
重要視していきます。
 これは,教科書を軽視するという意味ではありません。
 『小学校学習指導要領解説 特別の教科 道徳編』(文部科学省)
ジャスト100ページ,「教材の開発と活用の創意工夫」にはっきりと
明記されているように,「多様な教材」を開発し,子供が本気になる
「創意工夫ある指導」を行っていくという意味です。
 まずは,教科書を「主たる教材」として,毎週1時間の道徳授業を
確実に実施していく。
 その次のレベルとして,与えられた教材・示された授業展開例だけに
依存せずに,子供たちへの思いを込めた自作教材を使って魅力ある
道徳授業を創出していきます。
 道徳の教科化は,授業を確実に実施してもらうための手段です。つまり,
量的確保が目的です。魅力ある授業=質的確保のためには,教師の
創意工夫が不可欠です。

 今年度,私の監修で,読売新聞(全国版・朝刊)に月1回のペースで
「ニュース de 道徳」のコーナーが始まります。第1回は,4月11日(水)です。
平昌オリンピックでの女子スピードスケート,小平選手がオリンピック新記録を
出したときの記事を使った道徳授業です。小学校上学年から中学校向けの
構成となっています。
 小学館の各学年の『教育技術』誌の道徳連載は,昨年度に引き続き,
全学年の監修を担当します。道徳のチカラのメンバーからも多数執筆して
もらっています。
 また,最新刊,小学校『とっておきの道徳授業15』中学校『とっておきの
道徳授業13』
も,教育書フェアにあたり大好評発売中です。
 平成30年度,教師も子供も新鮮な気持ちで道徳授業を楽しみましょう。


小学校『とっておきの道徳授業15』が発売になりました。
   アマゾン
   ㈱日本標準のHP 
  http://www.nipponhyojun.co.jp/sinkan/index_3.html
 からも購入できます。