〜 リアルタイムメッセージ 31 〜
熊本イベント10年
2010.1.24記
道徳教育改革集団<新>代表:佐藤幸司
 1月16日(土),今年も熊本イベントに行ってきました。
 初めて熊本イベントに伺ったのは,たぶん2001年1月のことです。10年前のことになるので,ちょっと記憶があいまいです。
 そこで私は,アホウドリの授業を初公開し,イルカさん(歌手)の「いつか冷たい雨が」を歌いました。私の「歌う道徳授業」は,あの日からスタートしたのです。
  アホウドリは,1990年には500羽ほどしか生息が確認されず,絶滅の危機にありました。
 時は流れ10年後,長谷川博先生(東邦大学)たちの努力と愛情によって,ついにアホウドリは1000羽を越えました。1000と言う数は,地球上で一種類の生物が生き延びるのに必要最小限の数なのです。
  アホウドリの復活と時を同じくして,熊本イベントが誕生しました。
  そして,さらに10年の時が流れました。今回の講座では,原点回帰の思いをこめて,アホウドリの授業を再び紹介させていただきました。アホウドリの授業は,最初の『とっておきの道徳授業』(第1巻)に掲載されています。

 熊本イベントの延べ参加者数は,1200人を超えるそうです。おかげさまで,山形の小学校教師である私が,九州地方のたくさんの先生方と出会うことができました。
 さて,熊本イベントで,初公開したことがあります。
 それは,夏の本合宿(道徳教育改革フォーラム)に先立って,2011年からの新団体名が発表されたのです。(というか,私が発表しました)
 このHPを訪問してくださったあなたにも,ここで,(こっそり?)お知らせします。

 道徳教育改革を志す教師の集い 道徳のチカラ

 マル道(全国ネット・道徳授業記録)から道徳教育改革集団へ。
 そして,道徳のチカラへと,発展的解散&再結集を続けていきます。
 新団体名の正式発表は,8月7日(土)〜8日(日),東京・中野サンプラザで開催される第21回道徳教育改革フォーラム(ファイナル)の場です。
 今年度も,残り40日ほどになりました。
 教科の学力+心の学力をしっかりつけて,子供たちを送り出しましょう。