リアルタイムメッセージ 291  毎週 月曜日 更新予定
赤堀博行先生(文部科学省教科調査官)との対談
2016年10月16日 記
道徳のチカラ代表 佐藤幸司  佐藤への連絡は こちら
 今日,小学館の『教育技術』誌最新号(11月号)が届きました。
 今回,『小三』『小四』『小六』に,巻頭グラビアページで,私と赤堀先生との対談が掲載されています。(表紙と目次は,『小六』から)
       

http://family.shogakukan.co.jp/teachers/education/

 対談と撮影は,7月中頃,都内にて行われました。とっても暑い日でしたが,11月号の掲載ということで,私も赤堀先生もネクタイを締めて汗を拭きながらの屋外での撮影となりました。
 赤堀先生には,学校現場の教師が疑問や不安に思っていることをお聞きしました。
 道徳が教科になると,毎時間教科書を使わなければならないのか。
 これまでの各学校の年間計画は,教科書に収められている内容項目に合わせなければならないのか。
 道徳の評価は,どうするのか。
 道徳授業づくりで,一番大切にすべきことは何か。
 ・・・など,核心に迫って,たくさんのことをお聞きしました。
 編集長は,この対談を「画期的」と称しています。
 これは,必見・必読です。