リアルタイムメッセージ 287  毎週 月曜日 更新予定
オリンピックの感動を道徳授業に
2016年8月21日 記
道徳のチカラ代表 佐藤幸司  佐藤への連絡は こちら
 残暑が続いていますが,おげんきですか。
 山形県の多くの学校では,夏休みを終え,2学期がスタートしています。
 さて,リオオリンピックでは,日本人選手が大活躍です。
 メダル獲得もすばらしいですが,それ以外でも感動的な出来事やエピソード,談話などがたくさん報じられています。
 せっかくの4年に一度のオリンピックです。
 この感動をぜひ子供たちに伝えてください。
 伝えることを主とした授業では,展開はシンプルでいいのです。
 中心発問とか,自己を降り返させる手立てとか,いろいろ考えると,授業者自身が混乱します。

 例えば…
@オリンピックの写真を提示
 ⇒気づいたこと,印象に残っている競技や選手について,自由に発表させる。
A板書で整理
 @で子供から出されたことを,内容ごとに板書で整理していく。
自由に発表させたら,それを,教師が整理(類別)していくことが大事。
B教師が伝えたい事 考えさせたい事
  ここは,それぞれ授業者が考えます。
  私なら・・・
選手のインタビューで,最も多かったのはどんな言葉か?  
それは,支えてくれた人への感謝の言葉。
なぜ,喜びの言葉よりも感謝の言葉が出るのか。
   ・・・
  ということを考えさせたいと思います。
C最後は,
 オリンピックの動画や写真
 選手のインタビュー記事
などを提示
D「感想」,または「2020年に向けて」などを書く。

 ざっとこんなイメージです。
 教師もアクティブに授業をつくってみましょう。
 授業ができたら,その記録を佐藤へ送ってください。アドレスは,このHP上方「佐藤への連絡」をクリックしてください。メールの画面に変わります。


  さて,桃アさんの新著が出ました。
  スペシャリスト直伝! 中学校道徳授業成功の極意
  http://www.meijitosho.co.jp/detail/4-18-230028-8










 私の著書『小学校 道徳授業成功の極意』と並んで, 
 道徳のチカラから小学校・中学校のそろい踏みとなります。
 ぜひお読みください。
 http://www.meijitosho.co.jp/detail/4-18-135126-7