リアルタイムメッセージ 279  毎週 月曜日 更新予定
機関誌『道徳のチカラ』No.14発刊
2016年6月19日 記
道徳のチカラ代表 佐藤幸司  佐藤への連絡は こちら
  機関誌『道徳のチカラ』No.14が発刊になりました。
  『道徳のチカラ』では、機関誌の定期購読者を正会員としてカウントしています。
 現在、約500人の方から定期購読をしていただいています。
  編集責任者(編集人)は私・佐藤ですが、実際の企画編集や印刷の手配・発送まで、
 辻川編集長(長崎県・小学校教師)が中心となって行っています。
  表紙は、野口芳宏先生。1月に開催された熊本イベントでの写真です。
  今回の内容(目次)は、以下の通りです。
  この内容で、第4期(第13号〜16号)4冊で送料込3500円です。1冊あたり875円。
 (第3期からの継続のかたは2500円。1冊あたり625円)
  書店に並ぶ教育月刊誌に比べても遜色のない(それ以上の)豪華な執筆陣
  そして内容になっています。1冊単位の購入(バラ売り=1000円)も可能ですので、
 ぜひお読みになってください。
※申し込みは、このページ上方の  をクリック! 辻川編集長のメールアドレスにつながります。

巻頭論文:アクティブ・ラーニングを道徳授業に生かす        佐藤幸司
特集:道徳授業『目標論』と『評価論』
 特 集 解 説                                辻川和彦
道徳授業の構想と評価                           毛内嘉威
漠然とした大きなねらいからより具体的な評価ができるねらいへ  櫻井宏尚
教科化は実質化                               伊藤茂男
生徒の道徳性を評価するために                      山中 太
「しっている」子どもから 「している」子どもへ               宮澤諒也
その教材ならではの目標を設定する                   鈴木健二
道徳授業を斬る!  
めでたし めでたし?                             岩山直樹
   「真実」に迫るために                          羽鳥 悟
「めでたし めでたし?」を検討する                     山中 太
連載/私を支え、導く言の葉・抄
    準備よりも後始末 野口芳宏
連載/佐藤幸司の担任時代の学級通信
    2005年度 学級通信『主人公』 佐藤幸司
連載/『道徳のチカラ』中学はこう進む
    中学校道徳授業「ソフト改革」の道 4 桃ア剛寿
連載/心力を育てる学級づくり・授業づくり
    「もの」に見る「心」を育てる意識 福山憲市
連載/マンガで分かる保護者のための情報モラル
    写真のアップロードによるトラブル 前田康裕
連載/局面指導で子供を変える
    局面指導がいらなくなるために(2) 広山隆行
連載/教師力を高めるこの一冊
    『年上の義務』山田玲司(光文社新書) 鈴木健二
連載/「道徳の教科化」と道徳教育推進教師の取組
    道徳の校内研修を企画する 辻川和彦
イベント修業
  第5回「子どもたちの幸せのために」道徳のチカラin名古屋 小清水猛
  道徳のチカラin名古屋 感想                   高木義将
  道徳のチカラin名古屋 を受けて                 二井 進 
  第80回道徳授業改革セミナーin熊本に参加して        白石一恵
  芳しい香りの正体は…?                     伊藤 香
  野口先生から学ぶ「特別の教科 道徳」            小松元樹
  素敵な一日                             川上大輝
  佐藤幸司氏「道標」の追実践                   小松元樹
  小松先生の追実践を読んで                   辻川和彦
編 集 後 記

夏の全国大会  申し込み受付中です! 
     http://kokucheese.com/event/index/395942/   (こくちーずより)
***************************************
本物の道徳授業を追求し続けて27年
今年も熱き志が集う! 道徳のチカラ全国大会
           とっておきの道徳セミナー2016年夏
 1990年夏の「第1回 マル道 全国合宿」から始まり,「道徳教育改革フォーラム」「道徳のチカラ
全国大会」と大会名称を変えながら四半世紀を越えた本研修会。
 道徳の教科化も決定!準備は出来ていますか?「チカラのある本物の道徳授業をどうつくるか」など,
教科道徳のあるべき姿を現場から提案していきましょう!

<日時>平成28年8月6日(土)
<参加費>午前・午後通し参加 5000円  午後のみ 4000円
<場所>東京駅八重洲口の真ん前!あすか会議室 3階 303A室
<日程>
■午前 道徳授業記録検討会 限定30名
■午前は,道徳授業記録(orプラン)40部が必要です。持参しないと参加はできません。
■午後 道徳授業について怒濤の6講座 定員70名
□セミナー終了後,すぐ会場を移動して17:00より懇親会を開催します。

受 付  9:00〜9:15  午前の部 9:15〜
授業記録検討会  9:15〜10:50 (95min)
<授業記録40部持参> 【道徳授業記録(orプラン)検討会】 グループ
    コメンテーター 佐藤幸司・鈴木健二・桃ア剛寿 他
道徳授業開発力養成講座  11:00~11:30 佐藤幸司

昼食休憩 11:30〜12:30 (60min) 午後の部受付 12:00〜12:25
※12:25 事務連絡
午後の部 12:30〜
講座1 12:30〜13:00  U40講座(20代〜30代教師による実践提案です)  
      水流弘貴(福岡県・中学校) 飯村友和(千葉県・小学校)
講座2 13:00〜13:45 鈴木健二(愛知教育大学教授)
講座3 13:55〜14:10
講座4 14:10〜14:50 桃ア剛寿(熊本県・中学校)
講座5 15:00〜15:50 「特別の教科」時代の新・道徳授業論
特別講師 永田繁雄(東京学芸大学教授)
講座6 16:00〜16:45 佐藤幸司(山形県・小学校) 
閉会・後片付け

懇親会 17:00〜20:00
    銀座ライオン八重洲地下街店  会費5000円
****************************************
 深澤久先生が創設したマル道(全国ネット・道徳授業記録)から通算して、27回目となる全国大会です。我が国の道徳教育史上、最も歴史があり、いつの時代にも道徳授業づくりの最先端を走ってきたのが、私たちの研究会(マル道〜道徳教育改革集団〜道徳のチカラ)です。
 今年は、永田繁雄先生を特別講師に迎えて、「特別の教科」時代の道徳授業にあるべき姿について学びます。
 セミナー閉会後は、銀座ライオン(八重洲地下街店)に移動して、みんなで語り合います。1年に1度、この時期にだけお会いする先生方もいます。
  翌7(日)には,中学校イベントが開催されます。ぜひ,連続して参加してください。
「8月6日・7日は、東京駅八重洲口で…」。この夏の合言葉にしましょう。

 さて,この夏,読売新聞と文部科学省の 共催(予定)で,道徳のフォーラムが開催されます。
 http://kyoiku.yomiuri.co.jp/event/boshu/contents/-727-1.php

      7月 27日(水) 10:00 〜 16:00  よみうり大手町ホール 
          【講演】ロバート・キャンベル 東京大学教授
            合田 哲雄 文部科学省教育課程課長

 分科会では,「特別の教科・道徳」の模擬授業や学習指導案の検討会が開催されます。
 「道徳のチカラ」のメンバーからも,この分科会に指導案・授業記録を応募して,参加する予定です。
 (指導案の締切は,5月 9日(月)です。)

中学セミナーも開催決定
09:10〜09:30 体験的に学ぶ道徳授業(合田淳郎)
09:30〜09:50 考え議論する道徳授業(原口栄一)
09:50〜10:10 問題解決的な道徳授業(田中利幸)
10:10〜10:30 教材開発で迫る道徳授業(吉田綾子)
10:40〜11:00 アクティブ・ラーニングですすめる道徳授業(桃ア剛寿)
11:00〜11:20 私のアクティブ・ラーニング論(堀裕嗣)
11:20〜11:50 対談「アクティブ・ラーニングVS道徳科」(堀&桃ア)

申し込み等 → http://kokucheese.com/event/index/399684/