〜 リアルタイムメッセージ 27〜
クリスマスの時期には この授業を
2009.12.6記
道徳教育改革集団<新>代表:佐藤幸司
 「サンタクロースって,いるんですか。」
 子供からこんなふうに聞かれたら,何と答えますか?

今から112年前(1897年),
「サンタっているの?」
と新聞社に投書した女の子がいました。
 その子の名前は,バージニア。8歳です。
 この質問に,ニューヨークのサン新聞は「社説」で答えました。

「この世の中に愛や人への思いやりや真心があるのと同じように,サンタクロースもたしかにいるのです。」

このエピソードを資料にした道徳授業は,
『とっておきの道徳授業6』129ページに掲載されています。
 低学年に実施した授業記録ですが,中高学年または中学校でも十分実施可能です。
 中学生には,中学生なりの考え方ができる授業です。
 サン新聞社の「社説」は,この本に全文が掲載されています。
  『サンタの友だち バージニア』村上ゆみ子 著,東逸子 絵 (偕成社)

 クリスマスの時期にいちおしの授業です。
 ぜひ,子供たちに夢と希望を与えてください。

 クリスマスの翌日は,大宮・ソニックシティでお会いしましょう。
 テーマは,夢と希望です!