リアルタイムメッセージ 269  毎週 月曜日 更新予定
5年目の3月11日
2016年3月12日 記
道徳のチカラ代表 佐藤幸司  佐藤への連絡は こちら
 2016年3月11日。大震災が起きてから,5年目の3月11日でした。
 皆さんの学校でも,それぞれに弔意を表したことと思います。

 私の勤務校では,朝,グラウンドの国旗掲揚塔に半旗を掲げました。
 1年生が,
「先生,日の丸があるよ。」
と無邪気に話しかけてきました。

 昼,給食(自校給食)は,「セルフおにぎり…ラップにくるんで自分で握るおにぎり」と豚汁でした。
 あの当時,避難所では,届けられたおにぎりや炊き出しの豚汁が人々のお腹と心を温めました。

 午後2時46分には,全員で黙祷を捧げました。
 30秒前に校内放送を入れました。
「東日本大震災で亡くなられた方に思いを伝えるために,黙祷をします。」
「黙祷。」
 校舎内が静寂に包まれました。

 この日常を「当たり前」と思わずに,
 この日常が「在り難い」ものであることをかみしめながら,
 また明日も生きていきたいと思いました。