リアルタイムメッセージ 240   毎週 月曜日 更新予定
道徳の教科書 「基準づくり」
道徳のチカラ代表 佐藤幸司  2015年5月24日 記
佐藤への連絡は こちら
 5月19日(火),文部科学省は,道徳の教科書作りに向けて,教科用図書検定調査審議会に具体的な検定基準の審議を要請しました。審議会では,どのような検定基準が必要か議論され,7月に報告書を取りまとめることになっています。
 ヤフー等の検索ページで「道徳教科書 基準づくり」で検索すると,たくさんのニュースが出てきます。ぜひ,お読みになってください。
 教科書の検定基準が示されれば,各教科書会社での教科書作成が本格化します。
 そして,検定があり,採択され,学校現場へ道徳の教科書が無償配布される…という流れです。
 小学校では2018年度(平成30年度)から,中学校では1年遅れて2019年度(平成31年度)から,教科書を使った道徳授業が始まります。

 年度はじめの4月は,学校現場は,1年間で一番忙しい時期かもしれません。
 学校の仕事だけに忙殺されていると,世の中の動きに気づかないことがあります。
 でも,教育に関する大きな動きを「知らなかった」というわけにはいきません。
 3月27日に小中学校の道徳について新たな学習指導要領を告示されました。
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/new-cs/youryou/__icsFiles/afieldfile/2015/03/26/1356250_1.pdf
 「第3章特別の教科道徳」となっています。
 小学校が2018年度,中学校は2019年度からの実施ですが,すでに今年度から各校の判断で「先行実施」が可能となっています。
 ますます道徳授業に注目が集まってきます。
 私たち教師は,教育行政の動きもしっかりつかみながら,日々の授業実践を積み重ねていきましょう。 


新刊のお知らせです。
  佐藤幸司  著
  田中利幸 編集協力   明治図書 1800円+税
 明治図書   http://www.meijitosho.co.jp/detail/4-18-115419-6
 アマゾン    新任でも必ず知っておきたい 学級経営の踏ん張りどころ51
  田中さんは,栃木県の中学校教師。道徳のチカラDM
  (デジタル・マスター)。このHPの管理・運営を行 
  っています。
  本書は,田中さんからの
  「佐藤幸司の学級づくりのワザを全国の教師に伝えて 
  ほしい」
  という提案から生まれました。
  本書では,51の指導の局面を例に挙げて,その対応策や解決方法をQ&A形式で具体的に示しました。
  Q(質問)を田中さんが準備し,それに対するA(回答)を私が述べました。
   「新任でも必ず知っておきたい」というサブタイトル通り,特に若手の先生にもすぐに役立つ内容を具体的に書きました。
  新年度です。ぜひお読みください。
  著者インタビューは,こちら↓です。
 http://www.meijitosho.co.jp/eduzine/interview/