リアルタイムメッセージ 226   毎週 月曜日 更新予定
箸の形に見る日本の伝統文化
道徳のチカラ代表 佐藤幸司  2015年1月25日 記
佐藤への連絡は こちら
 御節。
 何と読むのでしょう?
 答えは,「おせち」。おせち料理の「おせち」です。
 節(せち)には,「時節・季節」という意味の他に「季節の変わりめの祝いをする日」という意味があります。
 おせち料理は,もともと四季折々の収穫物を季節の変わりめの節日(せちにち)に神様にお供えした料理です。その中でも,正月は一番大切な節句なので,おせち料理=正月の料理というふうになりました。
 さて,問題です。
 おせち料理をいただくときの箸は,どちらでしょうか。

  答えは,下の箸です。
  両端がともに細くなっています。
 (ちなみに,上は,料理用の菜箸です。)
  
  これは,一方を年神様,もう一方を私たち人間が  
 使い,いっしょに食事をするという意味があります。
 
 
箸の形から,日本の文化を知ることができます。
今週は,1月最終週です。
お正月の記憶が残っているうちに,日本の伝統文化について考える道徳授業を実施してみるのもお勧めです。