リアルタイムメッセージ 185   毎週 月曜日 更新予定
最後の道徳授業
道徳のチカラ代表 佐藤幸司  2014年3月9日 記
佐藤への連絡は こちら
 今週から来週にかけて,1年間の最後の道徳授業が行われることでしょう。
 どんな内容の授業を考えていますか。
 私は,1年間の最後の道徳授業は,4文字(ひらがな5文字)を行います。
 それは,
          届 け た い
という文字です。
 この言葉を提示して,
「あなたなら,誰に何を届けたいですか。」
と問います。
 子供たち全員に発表させ,全員の考えを板書します。
 その後,「質問タイム」を設けて,詳しく聞いてみたいことについて質問します。
 そして,出された「届けたいもの」を一つの言葉でまとめてみます。
 子供たちは,それを「幸せ」という言葉にまとめました。
 誰かに何かを届けられる人は,幸せなのです。
 最後に,『幸せの王子』(オスカーワイルド)を読み聞かせます。

 短い言葉で1時間の授業を行うには,子供たちの発言が不可欠です。
 この時期までに,短い言葉で1時間の授業ができる学級をつくります。
 道徳授業づくりは,学級づくりそのものなのです。

  ※道徳授業「届けたい」は,『とっておきの道徳授業7 』に掲載されています。