リアルタイムメッセージ 148  毎週 月曜日 更新予定
道徳の教科化について思うこと
道徳のチカラ代表 佐藤幸司  2013年5月19日 記
 メルマガの最新号(5月15日号)に,道徳の教科化について書きました。
 「道徳の教科化について,どう考えるか」
と問われても,現時点では,答えようがないのです。
 なぜなら,具体的にどのような形の教科なのかがわからないからです。
 そもそも,日本中すべての教室で,道徳授業が(それも良質の道徳授業が)毎週きちんと実施さえていれば,こんな話は出てこなかったのです。ここは,私たち教師一人一人がきちんと自分の道徳授業をふりかえってみなければなりません。
 たとえ,「道徳科・徳育科」になったとしても,道徳授業への教師の主体的取り組みを禁じるようなことにはなってはなりません。万が一そんなことになったら,道徳授業は間違いなく衰退の一途をたどります。
 道徳の教科化に賛成・反対を唱える前に,私たち教師にはやるべきことがあります。
 それは,
「今週の道徳は,これをやりました。」
と自信をもって言えるような授業実践を確実に積み重ねることです。
 道徳授業をできるのは,私たち教師だけなのです。
 そんな現場からの思いをこめて,今年度は,夏の全国セミナー開催に向けて早めに動き出しています。テーマは,ズバリ,

 〜 どうする? 道徳の教科化! 〜
です。

☆ 8月3日(土) 第3回「道徳のチカラ」全国大会 ☆
 とっておきの道徳セミナー 2013年夏
 会場は今年も東京中野サンプラザです。
 コンサートホールで…といきたいところですが,研修室です。
 午前中は,授業記録検討会。 限定30名で授業記録(または資料)持参が参加条件です。
 鈴木健二先生から,授業記録についてのコメントをいただきます。
 ここに持ち込まれた授業記録の中から,次作『とっておきの道徳授業』(小学校版12,中学校版11)に掲載する原稿が最優先で決定されていきます。
 午後は,講座が並びます。
 私・佐藤,M中学代表に加え,今年は,福山憲市先生の初登壇です。
 また,「ゆるぎなき道徳授業づくりの基礎基本」と題して,「道徳のチカラ」実力者による具体的実践講座も予定されています。
 8月3日(土),東京中野サンプラザ。ぜひ,今のうちから予定に入れておいてください。