リアルタイムメッセージ 146  毎週 月曜日 更新予定
おにいちゃんの絵
道徳のチカラ代表 佐藤幸司  2013年5月6日 記
 大型連休が終わり,また“日常”が始まります。
 せっかくリフレッシュしたのですから,元気を出していきましょう。

  さて,bP43,144で「気仙沼市のあるお母さんからの電話」について書きました。
  お母さんと連絡がとれましたので,今回,紹介いたします。
  『おにいちゃんの絵』を送ってくださったのは,宮城県気仙沼市の小野寺さんです。
 
  小野寺さんからの手紙には,こう書かれてありました。
  3.11東日本大震災後,この障がいを抱える子どもたちの様子は一変いたしました。
  「暴れる・物を壊す・落ちつかない」状態になり,彼らから笑顔が消えました。
  そして,震災より2年経過いたした今でもその行為や笑顔が戻らないままの状態でおります。

 小野寺さんは,サークル「本吉絆つながりたい」を今年1月に立ち上げて,子供たちの安らぎの場をつくるための活動をしています。
 この本は,発達障がいをもつ息子さんが描いた絵を本にまとめたものです。
 題字「おにいちゃんの絵」は,弟さんの文字だそうです。
 1冊1000円で自費出版され,「本吉絆つながりたい」の活動の資金に充てられているということです。
  大変細やかなタッチで,乗り物やロボットの絵が描かれています。
  この絵本をどのような形で道徳授業に生かせるか,今,考えているところです。
  皆さん,ぜひ,小野寺さんに連絡と連絡をとってみてください。
  そして,私たちにできることをいっしょに考えてみましょう。
  連絡先は,以下の通りです。
 
  迷惑メール対策のため ■に@を入れて送信してください。
   wscwh402■ybb.ne.jp  宮城県気仙沼市本吉町  「本吉絆つながりたい」  小野寺 明美 さん