リアルタイムメッセージ 143  毎週 月曜日 更新予定
テレビ放送 と 気仙沼市のあるお母さんからの電話
道徳のチカラ代表 佐藤幸司  2013年4月15日 記
 先週から今日(15日)にかけて,いろいろなことがありました。

8(月) 勤務校の入学式
9(火) 道徳授業のテレビ撮り
11(木) 山形県内の夕方のニュースで,「どう教える 道徳授業」放送
13(土) 季刊誌『教師のチカラ』(日本標準)教師魂の写真撮影とインタビュー取材
15(月) 東北6県の朝のニュースで,「どう教える 道徳授業」放送

 今日,学校に電話がありました。
 ちょうど,私が受話器を取りました。
「気仙沼市の○○と申します。今朝のテレビを見たのですが,佐藤先生はいらっしゃいますか。」
 私は,てっきり気仙沼市内の教育委員会か小学校の先生からの電話だと思いました。
 すると,その方は,
「私は,障害をもつ子を育てています。我が子が描いた絵を見ていただきたいのです。そして,できれば,その絵を授業で使っていただきたくて,電話を差し上げました…。」
というような話をされました。
 私は,テレビの反響に驚きながらも,とてもうれしい気持ちになり,
「ありがとうございます。ぜひ,お子さんの絵を見せてください。絵が届くのを楽しみにしています。」
と話しました。
 気仙沼市といえば,宮城県内でも津波の被害が大きかった地域です。
 復興に向けて歩みを続けている中で,このお母さんはどのような思いで番組を見てくださったのか…。あれこれ,想いを巡らせました。
 いろいろな方との出会いがあります。
 たくさんの方の思いや願いに支えられて,一つの道徳授業が生まれます。