リアルタイムメッセージ 139  毎週 月曜日 更新予定
機関誌No.7 発刊!
道徳のチカラ代表 佐藤幸司  2013年3月17日 記
 お待たせしました。
 機関誌『道徳のチカラ』第7号(第2期)が発刊となりました。
 先週あたり,みなさんのお手元に届いたことと思います。
 今回の特集は,

     いじめと闘う教師と子供への応援歌
       “いじめ”を見抜き、潰すための   
         「眼」と「腕」を持て!!

です。
 表紙は,島根の高田先生。熊本イベントでの講座の写真です。 
 私は,「巻頭論文」の中で,次のように書きました。

  いじめを扱う道徳授業は,いじめのない学級で実施するからこそ意義があるのです。
  「自分の学級でいじめが起きた。さて,困った。何かいい道徳授業はないだろうか…。」
  そんなふうに考えて行う授業ではありません。
  もし,今,いじめで苦しんでいる子がいるのなら,真っ先にその子を救ってあげなければなりません。
 のんきに資料を探して授業を構想している場合ではないのです。
  道徳授業と生徒指導は違うことを,教師は意識しなければなりません。

  あと3週間もすれば,新学期がスタートします。
  特別な事情を除けば,学級内に最初から深刻ないじめはないはずです。
  子供たちは,新しい先生,新しい学級に期待を抱いています。
  この時期にこそ,道徳授業で子供の心をしっかりつかみましょう。
  今回の機関誌bVは,いじめに対する具体的な指導や授業実践はもちろん,
教師の力量をアップするための論考が満載です。
 ぜひお読みになってください。