リアルタイムメッセージ 127  毎週 月曜日 更新予定
大学で授業をしてきました
道徳のチカラ代表 佐藤幸司
2012年 12月9日(日)記
 先週は,東北文教大学(山形市)で2年生と3年生に1コマ(90分間)ずつ
 授業をしてきました。「道徳の指導法」の授業です。 
 私の‘山形の師匠’伊勢先生が,今年度から東北文教大学に勤務されています。
 その関係で,学校現場からのゲストティーチャーとして呼んでいただきました。
 学生に,
「小学校・中学校の9年間の道徳授業の中で,記憶に残っている授業や資料にはどんなものがありますか。」
と聞いてみました。
 すると,
    ・心のノート   ・NHKのテレビ     ・席替え
    ・お楽しみ会   ・友達と交流するゲーム  ・副読本を使った授業
    ・資料「蜘蛛の糸」  など…
という返答がありました。
 中には,
「道徳の記憶は,ほとんどない。」
という学生もいました。
 『とっておきの道徳授業』の第1巻が発刊されたのが2001年です。
 その頃,小学校高学年だった学生たちです。
 10年後も,20年後も,ずっと心に残っている道徳授業を行っていきたいものです。
 35時間×9年間(義務教育),すべての道徳授業を覚えていることなど不可能でしょう。
 でも,一つでも二つでもいいから,「忘れられない道徳授業」を心に刻んで成長していってほしいと思います。
 授業では,他には,「手品師」の資料で考えたり,「模擬授業」を行ったりして,あっという間の90分間でした。
 私も,楽しく,有意義な時間を過ごさせてもらいました。

☆恒例の大宮イベント(旧称:望年セミナー)が12月22日(土)午後,2週間後に迫りました。
 会場は,JR大宮駅から歩いてすぐの大宮ソニックです。
 私と道徳のチカラ中学代表(愛称:桃さん)の講座と,D1(道徳1)グランプリの模擬授業選手権,若手〜中堅教師により次世代リーダー講座が行われます。
 セミナー後は,近くの飲食店にて懇親会(望年会)が開催されます。
 ぜひ,お早目にお申込みください。
申し込みは,このHPから