道徳教育改革を志す教師の集い

 道徳のチカラ
  代表メッセージ 機関誌 書籍案内 お薦め道徳授業 メールマガジン
 リアルタイムメッセージ321 

  人生の大先輩に学ぶ    

  毎週 月曜日 更新予定
  2017年 9月 16日 記
  道徳のチカラ代表 佐藤幸司

 9月の三連休,いかがお過ごしでしょうか。
 9月の第三月曜日は,敬老の日です。
 敬老の日は,「国民の祝日に関する法律」で,
「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し,長寿を祝う」
と定められています。
 敬老の日は,文字通り,「老人を敬う日」です。
 では,なぜ老人を敬うべきなのでしょうか。その答えをずばり教える道徳授業があります。『とっておきの道徳授業』(小学校 第1巻)に収められている「心が温かくなる電車での出来事」です。

   電車に小学校低学年の男の子とお父さんが乗っていました。
   そこへ,お年寄りが乗ってきました。
   父親は,当然のように席を譲りました。
   男の子は,
  「お父さんの知っている人?」
   と尋ねました。
   お父さんは,何と答えたと思いますか。
  「人生の大先輩だよ。」

 これが,その答えです。
 人生の大先輩から学ぶべきことはたくさんあります。
 この時期,道徳授業はもちろん,他教科でもおじいちゃん・おばあちゃんの知恵に学ぶ授業を構想・実践してみてください。


 次回の道徳のチカラ本部事務局主催のイベントは、12月の年末セミナーです。
 文部科学省の浅見先生が登壇されます。
 詳細が決まり次第、このHP等でお知らせします。ぜひご参加ください。


 赤坂先生には,10月18日(水)私の勤務校(山形県朝日町立宮宿小学校)の公開研究会で講演をしていただきます。
 詳細は,佐藤へメールでお問い合わせください。
 

 『道徳教育』誌(明治図書)では,「アクティブ・ラーニングになる授業の仕掛け」を連載中です。
 『道徳教育』誌では,2016年度が桃崎剛寿先生,2015年度は鈴木健二先生が連載を担当しました。
 私は,2014年度担当しましたので,2年ぶりになります。教科化時代だからこそ,魅力ある教材開発の重要性を主張していきます。
   http://www.meijitosho.co.jp/detail/07707
 
 
 

第7回 道徳のチカラIN名古屋

今年で、7回目を迎えます。道徳のチカラIN名古屋ー子どもたちの笑顔のためにー 今年の講師陣は、子どもたちを笑顔にする三大名人教師をお招きしました。まず、温かいオリジナル教材を使い、道徳の授業で子どもたちを笑顔にする名人、道徳のチカラ代表、山形県の佐藤幸司先生。そして、ユーモアあふれる授業と学級経営で子どもたちを笑顔にする名人、山口県の中村健一先生。さて、事務局には、例年、「国語の授業についても悩んでいる。」「国語をどのように指導したらいいかわからない」といった声がたくさんの先生方から寄せられていました。そのような皆さんのご要望にお応えするために、今年は、道徳授業、学級経営に加えて、国語の授業づくりについても、講座をもつことにしました。そこで、国語の授業で子どもたちを笑顔する名人、愛知県の岩下修先生をお招きし、国語の授業についても学びを深めたいと思います。全国的に著名で、実力のある実践家の3名の先生が一堂に会することは、まったにありません。晩秋の名古屋で、皆さんで楽しく学び、意義のある1日にしましょう。
2017年11月25日(土)
開催場所 ウインクあいち
(愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4-38)
参加費 4,000円(税込)  定員80人(先着順)
懇親会 17:00より2時間 懇親会場所 会場周辺 懇親会費 4,000円
日程
受付 9:10
9:30〜10:20国語授業(岩下先生)
10:30〜10:50事務局講座
10:50〜11:30道徳授業づくり (中村先生)
11:30〜12:50昼休憩
12:50〜13:40道徳授業づくり(佐藤先生)
13:45〜14:25国語授業(岩下先生)
14:35〜15:25学級経営(中村先生)
15:30〜16:10学級経営 (佐藤先生)
16:10~16:30質問コーナー 
申し込みはコクチーズから
http://kokucheese.com/event/index/478938/

道徳のチカラ名古屋事務局 小清水 猛
 機関誌
機関誌『道徳のチカラ』
 とっておき14
とっておきの道徳授業14
 中学とっておき12
中学校編とっておきの道徳授業12