道徳教育改革を志す教師の集い

 道徳のチカラ
  代表メッセージ 機関誌 書籍案内 お薦め道徳授業 メールマガジン
 リアルタイムメッセージ391 

  残暑お見舞い申し上げます   

  毎週 月曜日 更新予定
  令和元年8月19日 記
  道徳のチカラ代表 佐藤幸司

 HPのほうも,夏休みをいただき,3週間ぶりの更新となりました。
 各地で猛暑が続いていますが,お元気ですか。
 8月3日(土)・4日(日)の「道徳のチカラ 第30回全国大会」には,たくさんの方々から
御参加いただき,ありがとうございました。おかげ様で,歴史の重みと未来への希望が
ベストバランスの有意義な会となりました。授業記録検討会で話し合われた授業記録に
ついては,今,『とっておきの道徳授業17』(小学校),『 同 中学校14』への掲載に
向けて編集作業を始めているところです。
 山形県内の多くの学校では(私の勤務校も),明日,20(火)から夏休み明けの授業が
始まります。今年度は,「10連休」の関係もあり,少なめの夏休みになりました。
 さて,夏休み明けの道徳授業は,何を計画していますか?
 夏の年中行事といえば,お盆です。
 ここは,ぜひ,お盆を題材にした授業に取り組んでみましょう。
 お盆の行事について知り,それに関わる人々の願いを話し合うことは,郷土の伝統文化
を大切にする心の育成につながります。
 こんなイラストがあります。 「お盆 イラスト」で検索すると,無料イラストが入手
 できます。
  13日は,ご先祖様をお迎えする「迎え盆」。
  16日は,ご先祖様をお送りする「送り盆」です。
  きゅうりは,馬を表しています。ご先祖様への「早 
 くいらしてください」という思いが込められています。
  なすは,牛を表しています。ご先祖様に,「どうぞ
 ゆっくりお帰りください」という思いを伝え,さらに,
お供え物をたくさん持って帰っていただくという意味もあるそうです。
 お盆の習わしは地方ごとに異なることもあります。
けれども,ご先祖様に感謝する(供養する)意味は同じです。
学年に応じて,「供養」という言葉の意味を説明するとよいでしょう。
 そして,「人々は,どんな願いをもって供養するのか」を話し合わせてください。
【参考】 「お盆の行事で考える 先祖への感謝の気持ち」 執筆:佐藤正寿
      アクティブに学ぶ特別の教科道徳 (監修:佐藤幸司)
『小三教育技術』2018年7・8月号,P.92 


☆『とっておきの道徳授業』第16巻(小学校)が発刊になりました。
https://www.amazon.co.jp/とっておきの道徳授業16-佐藤-幸司/dp/4820806521


 
 今回は,鮮やかなブルーの表紙です。
 朱色の帯には,次のように書かれてあります。
 
   道徳の“強化書”
 
   教科書の教科書がここにある!
 
 
 
 
 4月3日の読売新聞の「新聞@スクール」のコーナーで,本誌が大きく掲載されました。
 表紙のどーとくんもうれしそうです。
旬の新聞記事ノンフィクション教材である新聞記事を使った授業から,教科書教材の
効果的な活用法まで,授業ですぐ使える道徳授業記録が30本収められています。


  佐藤幸司  著
  田中利幸 編集協力   明治図書 1800円+税
 明治図書 http://www.meijitosho.co.jp/detail/4-18-115419-6
 アマゾン  新任でも必ず知っておきたい 学級経営の踏ん張りどころ51
  田中さんは,栃木県の中学校教師。道徳のチカラDM
  (デジタル・マスター)。このHPの管理・運営を行 
  っています。
  本書は,田中さんからの
  「佐藤幸司の学級づくりのワザを全国の教師に伝えて 
  ほしい」
  という提案から生まれました。
  本書では,51の指導の局面を例に挙げて,その対応策や
解決方法をQ&A形式で具体的に示しました。
 Q(質問)を田中さんが準備し,それに対するA(回答)を私が述べました。
 「新任でも必ず知っておきたい」というサブタイトル通り,特に若手の先生にも
すぐに役立つ内容を具体的に書きました。
 新年度です。ぜひお読みください。

☆教務主任になったら,これを!☆
https://www.meijitosho.co.jp/detail/4-18-015027-4



 

小学校『とっておきの道徳授業16』が発売になりました。
   アマゾン
   ㈱日本標準のHP 
  http://www.nipponhyojun.co.jp/sinkan/index_3.html
 からも購入できます。

  


  
 桃崎先生の新著


  
 10月26日(土)午後~27日(日)午前
  道徳教育フォーラムin山形 山形市内
   (共催:上廣倫理財団道徳教育合同研修会)

 12月7日(土) 道徳のチカラ名古屋
  講師 佐藤幸司・土作彰・古川光弘

 12月中旬 道徳のチカラ年末セミナー(さいたま市・大宮)

 「北海道での道徳セミナー」推薦します!(副長 桃崎)

【受付開始/定員30】
道徳授業づくりセミナー2019葉月in旭川/「特別の教科道徳」 模擬授業で学ぶキーワードの具体化!
/2019年8月31日(土)/旭川市勤労者福祉会館(予定)/参加費3,000円/登壇者:梶原崇嗣・山口淳一・小林智・鹿野哲子・西村弦・秋葉奈菜・齋藤知尋・高橋裕章・千葉孝司・山下幸・宇野弘恵・大野睦仁・堀裕嗣
https://kokucheese.com/event/index/554026/

【告知未定/定員20人】
道徳授業づくりセミナー2019霜月in釧路/「特別の教科道徳」 模擬授業で学ぶキーワードの具体化!
/2019年11月2日(土)/未定/参加費3,000円/登壇者:後藤明梨・梶原崇嗣・長谷泰昌・中島愛・山口淳一・中納淳裕・佐藤亮子・高橋裕章・大野睦仁・山下幸・宇野弘恵・堀裕嗣(他交渉中)



機関誌

 機関誌 最新刊 

 特集 道徳"科"授業を楽しく

 ← クリックすると
    目次が見られます。


 ← 申し込みもこちらから







 【目次】
序章 今さら聞けない道徳の授業の5つの常識
第1章 道徳の授業開きがもっとうまくなる5の技
第2章 オーソドックスな道徳の授業がもっとうまくなる8の技
第3章 教科書を使った道徳の授業がもっとうまくなる10の技
第4章 リアルとファンタジーを見極めた授業構成がもっとうまくなる7の技
第5章 道徳の授業の幅を広げることがもっとうまくなる7の技
第6章 道徳の授業に深みを出すことがもっとうまくなる8の技
第7章 道徳の評価がもっとうまくなる4の技
第8章 全ての技を支えるたった1つの思い
 

子どもを幸せにする「道徳科」: 授業別「評価記入ナビゲーション」付き!

 


 機関誌
機関誌『道徳のチカラ』
 とっておき14
とっておきの道徳授業14
 中学とっておき12
中学校編とっておきの道徳授業12