群馬シティーフィルハーモニー公式ホームページ


群馬シティフィルハーモニーオーケストラ・沿革
 群馬シティフィルハーモニーオーケストラは1986年に「高崎市民オーケストラ」と「前橋フィルハーモニーオーケストラ」が合同してできた一般社会人を対象としたアマチュアオーケストラです。 そのルーツをたどると、群馬のオーケストラの草創期に至るまで長い歴史を有しています。 映画 『ここに泉あり』は、現在のプロオーケストラ、群馬交響楽団(群響)の前身であった高崎市民オーケストラの草創期を描いた映画として広く知られております。当時、プロとアマチュアの混成オーケストラから、プロが独立して現群馬交響楽団が設立され、残ったアマチュアメンバーが「高崎市民オーケストラ」を支え活動をしておりました。 
 2005年2月、BS放送「おーい日本;とことん群馬」の番組のフィナーレに当団が出演し、服部克久氏編曲の「上州ラプソディー」を演奏致しました。
「群馬における社会人オーケストラの拠点として」を合い言葉に幅広く県内のオーケストラ愛好家が集い、現在80名を越える大所帯となっております。また、1〜3年単位で指揮者と契約する独特のシステムをとっており、音楽の奥深さ、演奏する楽しさを表現できるオーケストラを目指して毎週の練習に励んでいます。 またトレーナー陣として、群馬交響楽団の諸先生方にご指導いただき、音楽技術の向上に努めております。
団員総意による自主運営・自主活動を基盤として、年2回の定期演奏会のほか、県内各地での依頼演奏会、合唱団体との共演、団員による県内各地での依頼演奏会等活発な活動を続けております。

(社)日本アマチュアオーケストラ連盟[JAO] 会員         
2012年6月
沿革
1986年 8月31日 群馬シティフィルハーモニーオーケストラ結成
10月11日 第1回定期演奏会・・・以後原則として年2回開催
1988年 5月29日 前橋市民音楽連盟結成30周年記念演奏会出演
ベートーヴェン交響曲第九番「合唱付」
合唱:前橋市民音楽連盟合唱団
1989年 8月12日 日航機事故犠牲者慰霊祭参加(上野村・御巣鷹の園)
1992年 5月10日 前橋市・市制100周年記念式典参加(前橋グリーンドーム)
1992年 8月20日 妙高国立少年の家音楽祭出演
1992年 12月13日 トヨタコミニュティコンサート(前橋市制100周年記念事業)
ベートーヴェン交響曲第九番「合唱付」ほか
合唱:前橋第九合唱団・前橋空っ風混声合唱団
1993年 9月 4日 玉村町文化センター「にしきのホール」
こけら落とし公演・市民オーケストラシリーズ出演
1994年 10月25日 群馬県文化奨励賞 受賞
1996年 5月 3日 群馬県表彰 受賞
2000年 5月19日 NTT労組主催 ヒューマンフェスティバル「みんなちがってみんないい」
前夜祭・バリアフリーコンサート出演
ベートーヴェン交響曲第九番「合唱付」
合唱:私たちは心で歌う目で歌う合唱団・高崎第九合唱団
2001年 11月13日 文化庁 平成13年度地域文化功労者表彰 受賞
2005年 2月 6日 NHK BSTV「おーい日本;とことん群馬」出演 上州ラプソディー演奏
2006年 2月5、19日 前橋・高崎文化連携事業 前橋高崎市民オペラ
「ヘンゼルとグレーテル」(フンパーディンク)出演
2007年 9月22,23,24,30日 第2回群馬オペラ協会公演「夕鶴」 指揮:星出 豊  演 出 / 粟国 安彦
2009年 9月23日 オペラ 『ラ・ボエーム』 プッチーニ作曲 [全幕・原語上演・字幕スーパー付]
 〜トヨタ コミュニティ コンサートin 群馬〜
指揮:中橋健太郎左衛門、演出:大島尚志、音楽監督 : 三枝成彰
2011年 7月3日 トヨタ・コミュニティーコンサート in 嬬恋 指揮:佐藤 寿一 (嬬恋村西中学校 体育館)
2012年 月19日
群馬県教育文化事業団、群馬音楽協会の協力により群馬新人演奏会を経て演奏家を目指す  若手新人演奏家を招聘しオーケストラとの共演の機会提供を開始。 第1回目として第49回定期演奏会でグリーグ ピアノ協奏曲を共演。 指揮:田久保 祐一
12月9日
群馬シティーフィルハーモニーオーケストラ 50回記念定期演奏会実施 指揮 佐藤寿一
ベルリオーズ 「幻想交響曲」 ドビュッシー 交響詩「海」
2017年 5月21日 群馬シティーフィルハーモニーオーケストラ創立30周年記念公演
オペラ 『トスカ』 プッチーニ作曲 [全幕・原語上演・字幕スーパー付]
 〜トヨタ コミュニティ コンサートin 群馬〜
指揮:小ア雅弘、 演出:小栗哲家 、音楽監督 : 三枝



掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。