歴代のポニーと他の仲間たち

トップヘ

最後のupdate となります・ 2018年 7月.

写真をクリック他の写真」も見られます エピソード 
 ヤギももこ
 はなし飼いで公苑の中を自由に歩いていた。
夜は干し草の上で寝ていたような、気がします。

可愛がっていた金子のおじさんの家まで行ってしまったことも・・・
 デキスター牛おゆみ  公苑の門の右、今はポニーの放牧場に静かに暮らしていました。大人しい黒くて大きい牛 。角がありました。
 デキスター牛じゅうべい
 道産子アマミ   道産子はやはり気が強く人を見て、言うことを聞かなかった。
道産子ローズ 
 ロバヒーホー  引き馬をしている時、後ろでムチの音がし、ヒーホーが跳ねて、

乗っていた子供(お客さん)が飛んだけど、当時奈良さんと言う人がいて、受け止めた。

    落ロバなし
          という怖いような、おもしろエピソードがあります。
 ポニー太郎 県の畜産課の個人の人から譲り受けたらしい。
 引退後、大胡の材木屋さんに行き、かなり可愛がられたが、おじいさんが亡くなり、
太郎も病気になったり・・ひん死の所を2010年 ダーモスタッド乗馬クラブの先生が助け、
年のため目は見えないらしい。、ひなたぼっこをしていた。
30歳くらいまで生きたそうです。
    次郎 お座りなどどうやって教えたのか、先生に聞いたところ。

横になって良く寝たので、そこから教えて行ったとのこと。
    
 
 グレース
農林大学校より。
黒っぽいグレーでおとなしい。
メリーの妹の子(めい) 
2008年食道の腫瘍で永眠
ポッキー  おとなしく優しい。 
ゆういち 桐ヶ丘動物園生まれ。 
 ジャック 平成4月13日入飼。10歳くらい。
  ほどなくして胃の病気で、2010年永眠
 
      メリー  女の子
生まれ

おとなしく、優しい。
食いしん坊。

片足を曲げて首を下げた挨拶が出来ます。

引き馬の時横についた人を蹴るかも?(それが欠点。)
小さい時世話をしていた個人の人に引き取られ楽しい老後を静かに過ごしています。。
        小次郎  太るとヒズメが悪くなる。

かなり年のはずが、やんちゃ。でも
引き馬では安心安全で言うことをよく聞く。

公苑一の稼ぎ頭。
かなり、体こうは低い。

白髪が顔に増えた。2017年秋、急に病気のため天国へ。
生涯現役のがんばりや。