こだわり     <美味しい鰻屋の条件>


 紀州 備長炭 を使い 鰻 を焼いております。

■炭がおいしい理由

炭火焼とガス、電気焼きとの大きな違いは、素材へ熱の伝わり方が違います。
炭というのは、燃焼することにより放射熱(赤外線)、二酸化炭素を大量に発し、うなぎが1200度の熱布団で包み込まれて焼かれます。そのため、うなぎの表面にたんぱく質の膜を張り、うまみ成分をぎゅっと閉じ込められるため中身はふっくらジューシーに焼きあがるわけです。

また、ガスでは熱布団で包み込むことが出来ず、うまみ成分がポタポタと流れ落ち表面は硬く、中身はパサパサ状態になりがちです。
当店は、備長炭の中でも最高級の紀州備長炭を使用しております。
加熱材料にもこだわらなくてはおいしいうなぎは焼けません。




 鰻 を  一枚一枚 うちわを使い丁寧に焼いております。

■うちわを使う理由
1つは、火加減の調節。これがとても大事です。うちわ使い1つでも
仕上がり加減が全然違ってきます。これが焼き一生ということてしょうか。
又うなぎを焼く際、うちわで扇いで舞った灰が家伝のタレの中に自然と入ります。えっ!そんなものが入ったタレで焼くの?と思われると思いますが、これが最高のタレを作り上げるのです。何故かって?電気やガスで焼く鰻屋さんは知らないかと思われますが、炭の成分がタレの酸化を防ぎとてもまろやかなタレに仕上がるのです。
もう一つは、焼く際にうなぎの油分が落ち発生したアルデヒド(異臭)を防ぐため。味はもちろんのこと、香りにもこだわった品物をご提供したいと考えております。
一口頂けば違いは歴然です。



秘伝 継ぎ足し うなぎ エキス たれ

■タレがおいしい理由
鰻専門店は、創業以来の付けタレ(家伝のたれ)を持っています。
今までうなぎを数えきれないほどつけたタレに2度、3度とつけて焼くため、今までつけてきたうなぎのうまみエキスが染み込んでいきます。
おいしい理由は、そこにあります。
又この付けダレをご飯にかけている鰻屋さんもいらしゃいますが、これは大間違い。付けタレは焼くためのタレ、別にかけタレは用意すべきです。何故なら、付けタレにはうなぎの旨み成分も入っていますが、鰻特有の臭みも入っています。炙れば臭みは飛びますが
そのままご飯にかけてはたまったものではありません。せっかくうなぎのために炊いたご飯も台無しになってしまいます。



希少 国産 天然 鰻

■活き鰻を使う理由
当店では、国内の選りすぐったうなぎ、全国より天然うなぎを活きのまま仕入れ
その日にお出しする分だけ裂いております。川魚全般そうですが
とても足の速い食材ですので、手早く仕上げるのが大原則です。
1枚1枚職人が細心の注意を払い、裂き、蒸し、焼き上げるため
大量にご提供することがとても困難です。
ご賞味頂ければきっとご理解いただけるかと思います。




本格 燻製 うなぎ ハム 通信販売

本格燻製 うなぎハム
(1本)
2,650円


テレビ放映雑誌掲載!

当店独自和風たれに
うなぎを漬け込んで
薫製した本格
うなぎ ハム

浜松 浜名湖 産 うなぎ 蒲焼 通信販売

国内産うなぎ蒲焼
(1尾)
1,450円



紀州備長炭を使い
秘伝のたれで
手返しにて焼き上げた
家伝 蒲焼

浜松 浜名湖 産 白焼き 通信販売

国内産うなぎ白焼き
(1尾)
1,450円



紀州備長炭を使い
職人が一枚一枚
手返しにて焼き上げた
家伝 白焼き

天然 大 うなぎ 蒲焼 通信販売天然 大 うなぎ 白焼き 通信販売
国内産天然うなぎ蒲焼き


販売休止中

TOP 店舗紹介 作業風景 通信販売のご利用方法